今の狙い目は動画配信システムの開発案件

IT業界の中でも特に注目されているのが動画配信システム開発の仕事だ。動画配信システム開発の仕事が増えている理由に、オンライン動画の視聴者が増加し続けていることが挙げられる。スマートフォンなどの端末の普及もあり、気軽にいつでも動画配信を見ることができるようになったことが大きい。総務省の「インターネット動画サービスの利用経験」というアンケートによると、日本の利用率は2015年から続々と配信が開始されたことを受けて、12.6%になっている。米国は47.1%で、日本よりも利用率が高めだが、エンターテインメント産業が活発な米国の影響を日本も受けやすいと言える。これは、「Netflix」などの動画配信を利用する日本のユーザーへの影響などがあると考えられる。

動画配信の需要が上がることで、必然的に動画配信開発システムを構築する重要性が高まってくることになる。例えば、動画配信を始めようと考える会社が今後増大することによって、その仕組みを組み上げるためのエンジニアの仕事が増加するということである。そのため今は動画配信システムの開発案件は狙い目と言えるだろう。興味があるなら、ビジネスで利用される場面など、動画配信システム開発の仕事について調べてみるといい。

エンジニアに求められるスキルはなんと言ってもプログラミングである。プログラミング言語を学んでいることで、動画配信の枠組みを整えることが可能だ。動画配信に必要な言語は、複数考えられる。例えば、「YouTube」は「Python」と呼ばれるプログラミング言語を使用していることで有名である。それ以外にも、「PHP」や「Ruby」などの言語でも動画配信システムの構築ができ、求人でも求められることが多いと言える。この内のどれか一つでも学んでおくことで、違う言語が望まれている場合でも学んだ経験を活かしやすい。「動画配信システム開発」と検索する多数の求人がヒットし、その詳細情報では必要なプログラム言語を確認できる。